ハーブランキング
powerd by 楽市360
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 簡単ハーブレシピ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
《婦人科系の悩み・病気や妊娠》とハーブの関係
女性特有である、更年期障害や妊娠、生理や月経前症候群といった症状に対しても有効なハーブはたくさんあります。

まず、更年期障害に対してですが、一般の薬を用いる治療法では、ホルモン補充療法が取られており、自然治癒力が低下します。
そのため、ハーブを用いた療法が好ましいと言われています。
更年期障害に有効なハーブは、セントジョンズワート、チェストベリー、ベルベーヌ、セージなどです。

妊娠中において、お腹の赤ちゃんのことを考えると、薬より安全であるハーブを用いたいと思う方も多くいらっしゃると思います。
しかし、ハーブは体に対する作用が大きいので、妊娠中には注意が必要となります。

妊娠中に有効なハーブはラズベリーリーフやタンポポなどですが、バジル、カモミール、レディースマントルは妊娠中は避けたほうが良いハーブですし、パッションフラワー、ラベンダー、セージ、フェンネル、ショウガ、タイムなども、注意が必要となります。

生理痛にはラベンダーやサルラワー、生理不順にはセージ、ローズ、レモンバームなどが良いとされています。

また、排卵から月経開始までの時期に現れる身体的・精神的不快な症状を総じて月経前症候群といいますが、この月経前症候群にはマリーゴールド、サフラワー、カモミールなどが良いとされています。

ハーブは薬のような強い効果を得ることはできませんが、その種類によって、このように実に多様な効果を得ることができますので、人気があるのも頷けますよね。

| ハーブ | 10:10 | - | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:10 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://gardeningherb.jugem.jp/trackback/44
トラックバック
http://12.e-rakuten.biz/835A83938367814583578387815B839383598145838F815B8367/
セント・ジョーンズ・ワート- style="background-color: lightgreen" - align="center"|}セント・ジョーンズ・ワートは一般的にセイヨウオトギリソウ(''Hypericum perforatum''、西洋弟切草、英語では Klamath weed、Go
| 薬、知らないと怖い薬の話! | 2007/10/11 6:23 PM |