ハーブランキング
powerd by 楽市360
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 三春ハーブガーデン | main | 九十九里ハーブガーデン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
イギリスのガーデニング
ガーデニングの本場といえばイギリスです。春は花が咲き誇っていて特に美しい緑の多い場所です。

イギリスは西欧風ガーデニングの本家です。
産業革命が終わってから、造園材料を世界中から集め、各家庭で花や緑を育てていったのがきっかけだそうです。
イギリスではガーデニングが身体と心に良いと早くから注目されていました。18世紀に入ると精神疾患を患っている人に、ガーデニングをやらせて、リハビリを自然の力にまかせる方法が盛んに行われていました。
近代医学の発達するにつれてしばらく忘れられていました。
園芸療法として復活したのは20世紀半ばになってからです。
日本でも90年代半ばから高齢者向けなどに、園芸療法が本格的に取り入れられているそうです。

ニュージーランドでもガーデニングは盛んです。
イギリスから移住した人々によって作られた国なので、当然かもしれません。イギリスでもガーデニング法を受け継ぎながらも、ニュージーランドの生活と気候に合わせて、自分たちのガーデニング法を発展させていきました。

「庭園街道」と呼ばれるプライベートガーデンが北島のランギティケイ地方の国道沿いにあるそうですが、そこを巡り歩くのも見ごたえあって楽しいでしょう。

また通りには多くのハンギングバスケットが並んでいます。植物はほとんど2〜3種類を植え込んでいるもので、そのシンプルさがまた美しいです。

ちょっとした店にもコンテナの植え込みとハンギングバスケットがあるそうです。
レストランの前などは、花をボックスに植えたものを置いているところが多いそうです。
ハンギング、コンテナ、二階のベランダと立体的なガーデニングになっています。地上部でのガーデニングが多いのは、平面には花が置けないからなのでしょうか。
コンテナは家の前に敷地が少しでもあれば置いてありますし、アパートの窓際にはハンギングされた花たちが美しく、たくさん並んでいます。

本場のイギリスでも、全くガーデニングをしていない家もあります。しかも結構多いのだそうです。どんなものでも、やはり好き嫌いがあるのでしょうね。

| ガーデニング | 20:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://gardeningherb.jugem.jp/trackback/28
トラックバック