ハーブランキング
powerd by 楽市360
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 湯布院ハーブワールド | main | 三春ハーブガーデン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ガーデニングで寄せ植えをしよう
ガーデニングはお庭でやるだけではありません。
ベランダにプランターをおいて、花などを寄せ植えするだけでも立派なガーデニングです。
最初から意気込んでやり始めると、途中で挫折しがちです。
ですから、まずは季節の花や草を、一つの鉢に寄せ植えをするガーデニングから始めてみましょう。
花は1年草・多年草、花の咲く時期など違いがあります。まずは綺麗に寄せ植えして楽しんで、それから年中楽しめるように作ってみましょう。

鉢に植えて1年もしますと根がまわってしまい、通気が悪くなり、成長できなくなる花があります。時期を見て、花たちを一回り大きい鉢植えに植え替えるようにしましょう。

それでは、寄せ植えをする際のポイントを説明します。

まず、コンテナの底に鉢底石(軽石)をネットに入れて置きます。
ネットに入れておくとそのまま石が取り出せるので、後で植え替えをする時に便利です。
また、袋状のネットを切り開いて使っても問題ありません。その場合は、防虫ネット、鉢底石、シート状に広げたネット、培養土の順番に置くとよいでしょう。

次に、コンテナの半分くらいまで腐葉土を敷き詰めます。
土の量は植える苗の土の部分によりますので、うまく調節してください。
そこに植え込む植物を置き、土を加えていきます。
マグァンプKを混ぜ用土に、完熟堆肥などを元肥にするといいでしょう。
マグァンプKは化成肥料ですが、緩効性で、根にかかる負担も少ないそうです。

そしてポットから抜いた時に、びっしりと白い根がまわっている場合は、カットして取り除きましょう。
そのあとは、花の咲いている苗の場合は特に気をつけて、まわりの硬くなった白い根だけを根をくずさないように取りましょう。
それから、培養土を苗の周りに埋めていきます。

植え込みをする場合は、三角形が基本です。
カッコ良く見せるためには、横から見た時と上から見た時に、植物が三角形になるように配置すると良いでしょう。
あとは、自分の思ったとおりに植物を選びましょう。

| ガーデニング | 20:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://gardeningherb.jugem.jp/trackback/27
トラックバック