ハーブランキング
powerd by 楽市360
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
玄関ガーデニング
玄関の入り口にお花を植木鉢に植えて飾り、道を行き交う人達や家に来る人に楽しんで貰うことを「玄関ガーデニング」といいます。
色とりどりの花達を玄関に飾って、自分だけでなく、周りの人も幸せな気分にさせてあげることができるのは素敵なことだと思います。
皆さんも玄関ガーデニングを始めてみませんか。

春にはペチュニアなどはいかがでしょうか。
小さい花がいっぱい咲くタイプや花びらが二重の「ダブルペチュニア」、 朝顔のようなラッパ型などがあり、色も赤、ピンク、紫など沢山あります。
大人気のサフィニアは、ほふく性ペチュニアの新品種です。
ハンギングにしてもとてもきれいだと思います。

6月から7月には芍薬はいかがでしょうか。
牡丹とにていて白やピンク色があり、八重咲きのものなどがありとても立派な花です。
牡丹の花が咲き終わった頃に咲くので、牡丹と合わせて買っておくと、ずっと楽しめるのではないでしょうか。

道行く人々が綺麗だと言っては立ち止まって見てくれました。
ある時この自慢の花を無断で枝を折って持ち去って行った人がいました。がっかりです。困ったものだと思っていました。
その後しばらくしたある日、また折って行く人がいました。やめてくれ!!

秋は季節感が出る菊がいいでしょう。大輪菊や小菊等があります。
小菊は、白、赤、黄色があるそうです。とても可愛らしい花です。
大輪菊は黄色や肉色があるそうです。大きな花が玄関先で咲いたら見事で見ごたえのあるものとなるでしょう。
 
玄関ガーデニングをして綺麗な花を季節毎に飾り、通る人にも楽しんでもらえるのはすごく嬉しいものです。
しかし、その花が一番綺麗に咲いている時に取って持って帰ってしまう人がいるのが困りものです。
花の命は短いので、できれば見るだけにしてもらいたいですね。

| ガーデニング | 20:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
イギリスのガーデニング
ガーデニングの本場といえばイギリスです。春は花が咲き誇っていて特に美しい緑の多い場所です。

イギリスは西欧風ガーデニングの本家です。
産業革命が終わってから、造園材料を世界中から集め、各家庭で花や緑を育てていったのがきっかけだそうです。
イギリスではガーデニングが身体と心に良いと早くから注目されていました。18世紀に入ると精神疾患を患っている人に、ガーデニングをやらせて、リハビリを自然の力にまかせる方法が盛んに行われていました。
近代医学の発達するにつれてしばらく忘れられていました。
園芸療法として復活したのは20世紀半ばになってからです。
日本でも90年代半ばから高齢者向けなどに、園芸療法が本格的に取り入れられているそうです。

ニュージーランドでもガーデニングは盛んです。
イギリスから移住した人々によって作られた国なので、当然かもしれません。イギリスでもガーデニング法を受け継ぎながらも、ニュージーランドの生活と気候に合わせて、自分たちのガーデニング法を発展させていきました。

「庭園街道」と呼ばれるプライベートガーデンが北島のランギティケイ地方の国道沿いにあるそうですが、そこを巡り歩くのも見ごたえあって楽しいでしょう。

また通りには多くのハンギングバスケットが並んでいます。植物はほとんど2〜3種類を植え込んでいるもので、そのシンプルさがまた美しいです。

ちょっとした店にもコンテナの植え込みとハンギングバスケットがあるそうです。
レストランの前などは、花をボックスに植えたものを置いているところが多いそうです。
ハンギング、コンテナ、二階のベランダと立体的なガーデニングになっています。地上部でのガーデニングが多いのは、平面には花が置けないからなのでしょうか。
コンテナは家の前に敷地が少しでもあれば置いてありますし、アパートの窓際にはハンギングされた花たちが美しく、たくさん並んでいます。

本場のイギリスでも、全くガーデニングをしていない家もあります。しかも結構多いのだそうです。どんなものでも、やはり好き嫌いがあるのでしょうね。

| ガーデニング | 20:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ガーデニングで寄せ植えをしよう
ガーデニングはお庭でやるだけではありません。
ベランダにプランターをおいて、花などを寄せ植えするだけでも立派なガーデニングです。
最初から意気込んでやり始めると、途中で挫折しがちです。
ですから、まずは季節の花や草を、一つの鉢に寄せ植えをするガーデニングから始めてみましょう。
花は1年草・多年草、花の咲く時期など違いがあります。まずは綺麗に寄せ植えして楽しんで、それから年中楽しめるように作ってみましょう。

鉢に植えて1年もしますと根がまわってしまい、通気が悪くなり、成長できなくなる花があります。時期を見て、花たちを一回り大きい鉢植えに植え替えるようにしましょう。

それでは、寄せ植えをする際のポイントを説明します。

まず、コンテナの底に鉢底石(軽石)をネットに入れて置きます。
ネットに入れておくとそのまま石が取り出せるので、後で植え替えをする時に便利です。
また、袋状のネットを切り開いて使っても問題ありません。その場合は、防虫ネット、鉢底石、シート状に広げたネット、培養土の順番に置くとよいでしょう。

次に、コンテナの半分くらいまで腐葉土を敷き詰めます。
土の量は植える苗の土の部分によりますので、うまく調節してください。
そこに植え込む植物を置き、土を加えていきます。
マグァンプKを混ぜ用土に、完熟堆肥などを元肥にするといいでしょう。
マグァンプKは化成肥料ですが、緩効性で、根にかかる負担も少ないそうです。

そしてポットから抜いた時に、びっしりと白い根がまわっている場合は、カットして取り除きましょう。
そのあとは、花の咲いている苗の場合は特に気をつけて、まわりの硬くなった白い根だけを根をくずさないように取りましょう。
それから、培養土を苗の周りに埋めていきます。

植え込みをする場合は、三角形が基本です。
カッコ良く見せるためには、横から見た時と上から見た時に、植物が三角形になるように配置すると良いでしょう。
あとは、自分の思ったとおりに植物を選びましょう。

| ガーデニング | 20:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
春のガーデニング
春のガーデニングは苗や球根も沢山お店に売られていますし、楽しみがいっぱいあります。
春は花が咲き乱れる季節です。自分の庭にたくさんの花を咲いたら綺麗だと思いませんか。皆さんの庭も、自分らしいガーデニングで手入れをしてみましょう。

小さめの花でしたらスノードロップ(白)やクロッカス(白、黄、紫)、ハナニラ(白、紫)、ムスカリ(白、紫)、バイモ(薄黄)などがあります。
大きめの花を咲かせたい場合はヒヤシンス(白、青、ピンク、橙、紫など)、チューリップ(赤、黄色、白、紫、ピンクなど)、ユリ(白)や水仙(白、黄)、アネモネ(赤、ピンク、青)などがあります。
花の色が希望と違っては計画が狂ってしまうと思うので、球根を購入するときは購入するときに必ず確認するようにしましょう。


春咲き宿根草の苗と球根とを混植すると、春になると一斉に開花して綺麗だと思います。
何種類もの球根を一つのプランターに植えてみるのも楽しいでしょう。
黄色や白だけにする、同系色の花で濃淡を楽しむなど、様々なカラーコーディネイトができるので、自分のセンスを発揮するいい機会ですね。
ポイントは、開花期を揃えるようにすることなので、うまく調節しましょう。

元肥のマグァンプKを、植えこむ土に混ぜ込むことを忘れないようにしてください。
2〜3月頃に球根植物への肥料を与えましょう。葉が伸びてからやるのがポイントです。
株元と液肥に置くだけのプロミックなど、 色々な植物用の肥料を与えるのもいいでしょう。

| ガーデニング | 20:00 | - | trackbacks(2) | pookmark |
ベランダでガーデニング
気軽に始められるということと、一人暮らしが増えたという理由から、近年ベランダガーデニングをする人が増えてきました。
人気の理由は、アパートやマンションの狭いベランダでも、工夫次第で楽しむことができることでしょう。

植物を立体的に配置することが、マンションのような比較的コンパクトな空間を有効活用するコツだそうです。
そのため、ハンギングバスケットやフラワースタンドがベランダガーデニングではよく用いられるようです。
見栄えがいいのに手間がかかりませんので気軽にやることができます。

裸足で歩くとわかると思いますが、夏にはコンクリート製のベランダは表面が焼けるくらい熱くなります。
そういう理由から、ウッドデッキなどをあらかじめ敷いてから、直接コンクリートにプランターや植木鉢が当たらないようにすることがベランダガーデニングを行なう時のコツです。
そうすると熱すぎることもなくなります。
季節のことをよく考えて、ガーデニングを楽しむようにしましょう。

ガーデニングはこういった細かな部分を加えるだけでがらりと変わります。
自分で作ったものでもいいのでウッドデッキを用意すると、あたたかな質感が加わり、コンクリートの無機質な雰囲気をやわらげてくれることでしょう。

ベランダは完全な日陰庭になるわけですから、花の選択を間違うととても悲惨なことになってしまいます。
ベランダガーデニングで使う植物は、日照条件が悪くても比較的育ちやすい植物を選択するようにしましょう。

| ガーデニング | 20:00 | - | trackbacks(1) | pookmark |
| 1/6PAGES | >>